消費税の軽減税率制度とは

軽減税率制度の詳細( 出典:よくわかる消費税軽減税率制度(平成30年7月)より )

20019年になりました。今年の日本は平成から新しい時代に向かう、何かと変化の多い年となりそうですね。その変化の一つで、2019年の10月より「消費税の軽減税率制度」が実施されるのを皆さんはご存じでしょうか?この制度は、すでに実施されている 欧米の制度と似たような内容になっていますが、飲食料品にかかる消費税に違いが発生するというものです。その新制度で注目したいところは、レストランやカフェなど、外で飲食する場合。座って注文などのサービスを受ける場合は消費税10パーセントを支払い、持ち帰りやレジで買ってイートインコーナーで飲食する場合は消費税8パーセントを支払うというものだそうです。飲食店にとっては何だか面倒なことになりそうですね。

この新制度導入で個人的に気になることが一つあります。それは今世界中で減らさないといけないプラスチックのゴミのことです。ストロー廃止などは、店にとっての経費削減になっていても、あまりプラスチックのゴミ削減に貢献していなく、本当に減らそうという動きではないです。この軽減税率制度で課される消費税の違いだけを考え、飲食店で食べるより持ち帰ってどこかで食べようという人々が増え、それによってプラスチック製の飲食容器のゴミが今後さらに増えることになるのではないでしょうか?日本は、1人あたりのプラスチックゴミ量が多い国の世界第2位、そして太平洋に沈むプラスチックゴミの3分の1は日本から出て来ています。そして、その積もりに積もったプラスチックのゴミは日本がお金を払って、他の国へと渡っているのです。過去には中国が引き取り、中国が受け入れを禁止後の最近では、マレーシア、ベトナム、タイ、インドネシア等の他のアジア諸国が買い取っているという現実を知りました。これは非常にショックなことです。今年は、プラスチックのゴミを大幅に減らそうと思い、小さなことからですが、それを日々実行しています。コーヒーなどは、持ち帰るより、その場でちゃんとした器で飲んで帰れば、プラスチックのゴミは出ません。そういったことから、やって見てください。そうすれば、プラスティックのゴミは確実に減らせると思います。

「日本は世界2位の多さ」

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20180913-00096671/

オーガニックショップのエココチ
http://ecococi.jp/